不用品の処分はどうしたらいいのか?

不用品を自分の家においておきたいという人はいないと思いますが、逆に考えると不用品をどのようにしたら処分できるのかということを悩む人が意外と多いようです。

今不用品となってしまっている物でも、それは最初から不用品ではなかったはずなのです。

何らかの理由で、例えば必要だからとか気に入ったからと言う理由で大切にしようと思って購入したものがいつの間にかたんすの肥やしになってしまって不用品になってしまうケースもありますし、持ち主が亡くなってしまって物だけが残ってしまうというような形での不用品発生も起こりうるでしょう。

理由はともかくとして、もともとは大切であったものが何らかの形の処分や対応が必要な状態にあるということは同じかと思いますので、こちらでは、不用品の処分方法やそのヒントを紹介させていただきたいと思います。

さて、不用品にはどのようなものがあるでしょうか?

下記のようにまずは分類することからスタートしましょう。

  • まだ価値の残っているブランド品やお洋服である
  • 残存価値は不明だけれど、機能としてはまだ十分に使えるものである
  • 機能も使えずに、捨てるしかないごみである
  • ごみであるが、大きすぎて自分では処分ができないものである

このように現状を把握することが、不用品処分のスタートとなってくるのです。

価値があるものは買い取りサービスやオークションを使ってお金に変えることが可能となりますし、もうごみとしてしか存在しないものであれば、その大きさや種類によって自分で廃棄できるものなのか?
専用の業者への依頼や、地方自治体の粗大ごみを利用しなければならないものか?
によって廃棄の手配の仕方が変わってきます。

また、近年問題となりつつあるのが、核家族化が進んだことによって残された家族が遺品を何とか整理しなければならないというケースであり、その遺品との向き合い方が分かりにくいと言うことです。

遺品には亡くなった方の思いがいろいろ詰まっていて処分しにくかったり、あるいは、どのようにしてあげたらいいのか?迷ってしまったりと言う方が少なくないからなのです。

こちらでは、このように難しいケースで発生した不用品についても処分をするためのヒントを記載させていただきますので、ご参考にしていただけたらと思います。

不用品という響きはひとつでも、その不用品はじっくり考えてみるといろいろな種類があるのです。

その種類に応じて、どのように対応するのがベストであるか?をそれぞれでじっくり考えていただくためのヒントになればいいなと思います。